刨冰(バオビン)/ 剉冰(ツアビン)/ 雪花冰(シュエフアービン)

刨冰

刨冰( bào bīng / バオビン)・ 剉冰(ツアビン)台湾かき氷です。

刨冰は中国語、剉冰は台湾語です。どちらもかき氷で、意味は変わりません。

また、台湾には雪花冰( xuě huā bīng / シュエフアービン)というかき氷もあり、これは氷自体に味がついたもので、雪のようにやわらかくフワッとしているのが特徴です。

ちなみにマンゴーかき氷は芒果冰です。

台湾かき氷の特徴

トッピング

台湾のかき氷は、トッピングを数種類選ぶことが多いです。日本のように氷だけで食べることはあまりありません。

トッピングは、マンゴーなどのフルーツや、粉圓(タピオカ)、芋類、豆類などがあります。

量が多い

台湾のかき氷は1人分の量が多いです。

お碗に山盛りで来るので、1人だと食べきれないこともあります。2〜3人でシェアして食べるくらいがちょうど良いです。

台湾のかき氷の値段

台湾のかき氷は、地元の人がよく行くようなお店だと、約50元(約195)円から食べられます。

一方、観光客がよく行くようなお店は値段が倍以上します。たとえば、マンゴーかき氷で有名なアイスモンスターは、マンゴーかき氷が250元(約900円)です。

台湾のかき氷の有名店

冰讃

マンゴー練乳かき氷などが人気のお店です。値段も大手のチェーン店と比べると安いです。

値段は約160元(約575円)です。開店は4月〜10月までの期間限定です。

住所:103台北市大同區雙連街2號 雙連站近く

アイスモンスター(ICE MONSTER )

マンゴーかき氷が有名なお店です。私もこちらでマンゴーかき氷を食べました。結構なボリュームがあるので注意が必要です。

住所:106台北市大安區信義路二段204號 ほか

*画像:By CC BY-SA 3.0, Link


かき氷機 ふわふわ 人気 かき氷器 YukiYuki2 ゆきゆき2 手動 家庭用 手動かき氷器 家庭用かき氷機 台湾風かき氷 かき氷メーカー

【台湾専用】4G LTE無制限レンタルWi-Fiルーター≪台湾データ≫

台湾最大手通信会社「中華電信社」の人気Wi-Fiルータです。

台湾でWi-Fiルータを使いたい人、特に初心者の人にとてもおすすめです。

大手の会社なので、台湾全土にお店がたくさんあり、旅行中も安心して利用できます。

1日あたり690円の低価格で4G LTEの超高速Wi-Fiを台湾全土で広く、速く利用できます。

スイーツ類
スポンサーリンク
hmrをフォローする
台湾料理メニュー辞典
タイトルとURLをコピーしました